どちらかを選ばせる 相手を誘導

選択を絞らせる

応用力がある方法

メールでコミュニケーションを取っていくのが出会い系サイトですからメールでいかに相手を誘導させていくのかが大切になってきます。そこでちょっとした相手を誘導する実際のテクニックとして紹介したいのがダブルバインドと呼ばれるやり方です。 なんだか名前からすると難しいと思ってしまうかもしれませんが、実際はめちゃめちゃ簡単で二者択一させるやり方です。 例えばご飯を食べようかとなったときに何が食べたい?って相手に聞いたら相手は何でもいいと応えますよね。特に最初のデートであれば気を使って何でもいいよって応えることが多いと思います。

そうなると何を選んでいいのか分かりませんよね。だったら最初から肉と魚だったらどっちが食べたい?って二つの例を挙げてあげてどちらかを選べさせてあげればいいのです。他には和食と洋食だったらどっちがいいとか選択するものは何でもいいですが、二つを選んであげましょう。

そうすれば相手はそのド力を選ぶだけでいいのでどちらかを選択しますよね。本来だったら料理だったら肉や魚以外にも色々と選択肢はありますよね。しかし、選択する範囲を極端に絞ることで相手の中にはその二つしか考えることが出来なくなってしまうのです。

二者択一をさせることで相手を誘導させることが出来ます。これを出会い系サイトで応用することが出来ます。例えば来週の土曜日と今週の金曜日だったらどっちが都合いい?って誘導できますよね。

これで相手がどっちも用事があるって聞いたら相手にじゃあどの日が空いてると聞くことも出来ますし、相手も明確な日付を伝えてきますよね。

こういう風に相手に返事を聞きたいときなどにも使えたり応用が利きやすいので是非ともテクニックとして持っておきましょう。